你牙齿里有棵青菜

你牙齿里有棵青菜

 
   

今日晚安曲~不懂词却被涓涓而来的温柔所打动,简单跳跃的音符和温柔的唱腔让你卸下所有防备,柔软的身躯倒在洁白的棉花团上然后变得轻盈,在童话般的世界里你和一只卡通狗一起走过草地和林荫小路,享受着雨后清新的空气和清凉的风,此时的惬意让你不禁哼起这首歌~

安,好梦~

poco   まふまふ

たとえば晴れた日には
假如在某个晴天
丘の上にのぼって
登上山岗
空を泳ぐとりに
仿佛要变成

なった気がして
空中遨游的小鸟
あったかい風が
暖暖的风儿
体をなでるよ
轻抚着身体
だから晴れた日がボクは
所以在晴天的我啊
雨の日には
下雨天
木の下に寝転んで
舒舒服服躺在树下
したしたと落ちる
被淅淅沥沥的雨声
音に包まれて
包围着
すると時間が
时间缓缓流淌
解けて眠くなって
我打起哈欠
そんな雨の日もボクは
这样的下雨天
好きだった
我也如此喜欢
そして雨がさって
然后啊 雨停了
世界が輝いて
世界都变得闪耀
洗われた風が
澄澈的清风
ひかって笑って
灿烂地笑着
そんな日がユックリと
只要有这样
流れていて
悠闲度过的日子
ボクはただそれだけで
就已经足够了啊
よかったんだ
围在层层叠叠的
つもる落ち葉の中
落叶之中
くるまって
爽快的
すれる音が
沙沙声
はじけてくしゅって
灌进我的耳朵
街がちらちらと
街道上亮晶晶地
きらめいていて
闪着光
そんな夜の日が
这样的夜晚
僕は好きだった
我也如此喜欢
たまにはらはらと
偶尔飘飘洒洒
降る雪は嬉しくって
落下的雪花也很美妙
白い世界の中
在白茫茫的世界里
ひとり走って
我独自奔跑
みんな手を
大家都
つないで笑ってて
手握着手笑着
急に寒くて
我突然感到一阵寒冷
ボクは泣いてたんだ
哭了起来
そんな時に君が
那样的时刻是你
ボクを見つけたかで
发现了我
現れた君は
眼前的你
柔らかくて暖かくて
是那么柔软暖和
こんな日が不思議で
我甚至难以置信
信じられなくって
如此不可思议的日子
だけど胸の奥が
可胸膛的深处
ずっと暖かいんだ
有暖流不停流淌
たとえば晴れた日には
假如在某个晴天
丘の上にのぼって
登上山岗
空を泳ぐとりに
仿佛要变成
なった気がして
空中遨游的小鸟
君がいるの
有你在
嬉しくてしっぽふって
我开心地摇起尾巴
だから晴れた日がボクは
所以在晴天的我啊


 
 
评论
 
 
热度(13)
  1. Persist你牙齿里有棵青菜 转载了此音乐