你牙齿里有棵青菜

你牙齿里有棵青菜

 
   

听了各种版本的《オレンジ 》,还是最喜欢马夫版本的~明明听不懂日语,却被这首歌的旋律打动,内心仿佛被揪住了,悬在半空,悲伤的情绪渐渐蔓延~

你过得好吗?脸上还总是带着笑吗? 你能够,深深爱上别人了吗?口上说简单粗暴解决一切问题,随性洒脱活出真自我都是在自欺欺人,内心仍是深深焦虑,或许追求一种稳定的状态是人类的本性,害怕失去,害怕周围的人大换血,害怕朋友渐行渐远和再见面的尴尬~总是要经历人生的不同阶段的,既然无法回去,就对过去轻轻说声再见吧。

オレンジ         まふまふ

君のいる世界で笑(わら)ったこと、
曾在有你的世界中欢笑
君の見る未来を恨(うら)んだこと、
曾将你所见的未来怨恨
君の声、温(ぬく)もり、態度(たいど)、愛のすべてが..
你的声音 温暖 态度 还有爱 一切都…

海(うみ)街(まち)、赤錆(あかさび)た線路(せんろ)沿(そ)い
在海边的街道 沿著红锈斑斑的铁路
二人(ふたり)、「幸(しあわ)せだ」って嘘(うそ)ついて
两个人 撒谎说著「好幸福」

くしゃくしゃに笑う顔(かお)、繋(つな)いだ手(て)
笑开的脸 紧握的手
遠(とお)くの島(しま)、朝焼(あさや)け
远处的岛 朝霞满天
愛しきれない君のこと、
对你总也爱不够
つられて泣(な)く私も弱(よわ)いこと、
被惹哭的我也是同样脆弱
代(か)わりなんてないって、特別(とくべつ)だって
说著对方是无可替代的 是特别的
許(ゆる)し合(あ)えた日(ひ)も
我们互许心意的那些日子也
もう二人に明日(あした)がないことも
我们已经没有明天了
ただ、ずっと。そう、ずっと/
这件事也只是 一直 对 一直
隠(かく)してしまおう。
将它藏在心底吧
残(のこ)される君に届(とど)く ただひとつを
只有一件事 想要告诉被留下的你
今でも、探(さが)してる。
直到现在 我也依然寻找著你
「元気でいますか。」
「你过得好吗?」
「笑顔(えがお)は枯(が)れてませんか。」
「脸上还是总带著笑吗?」
「他(ほか)の誰かを深(ふか)く深く、愛せていますか。」
「你能够 深深爱上别人了吗?」
ずっと来(く)るはずない君との日を願(ねが)ったこと
明明你不可能会来 却曾期望能与你一同度过
鍵(かぎ)かけて。
将这些全都牢牢上了锁

三日月島(みかづきじま)、陰(かげ)る渚鳥(なぎさとり)
娥眉月岛 夕照水鸟
ツタに飾(かざ)られた教会(きょうかい)裏(うら)で
在爬满藤蔓的教会后
また子供(こども)じみた約束(やくそく)しては
再次许下孩子气的约定
逃(に)げ出(だ)す話(はなし)をしよう。
商量一起逃跑吧
誰も満(み)たされないよりも
比起不被满足
望(のぞ)んだ最後(さいご)だけを温(ぬく)める
谁都更想将期盼已久的结局温暖
怖(こわ)い夢を見ただけの私に
就像总是做著恶梦的我
そうであったように。
曾经那样
許すだけでも、耐(た)え抜(ぬ)くだけでも
仅仅是原谅 仅仅是忍耐
ただ、きっと。そう、きっと
只是这样的话 一定 是啊 一定
誰も変(か)われないこと。
谁都不能获得改变
傷付(きずつ)けない弱さが生(い)きられないほど
从未给不能忍受伤害的脆弱 留下生机
大(おお)きく育(そだ)ったの。
就是这样 培养长大
覚(おぼ)えていますか、
你还记得吗
初めて会(あ)ったことも、
我们的初次邂逅
君の嘘も、甘(あま)えも、弱さも、流(なが)してゆくような
还有你的谎言 任性 脆弱 仿佛要将这一切
この朝焼けで
都统统冲走的朝霞
あの日のように君はまた
却像那天一样 又让你变得
素敵(すてき)に変わってゆく
更加出色
愛を歌(うた)った 大地(だいち)を蹴(け)った
高歌过爱情 猛踏过大地 此刻
今、「最低(さいて)だ」って殺した最後も
说著「真是差劲」扼杀的结局也是
不完全(ふかんぜん)だって不確(ふたし)かになって
既不完整又不确定
ほら蹴っ飛(と)ばして、ないや。
看吧也还没有 将它踢飞啊
歳月(さいげつ)が巡(めぐ)って 声(こえ)を辿(たど)って
岁月流转 声音传达
また生(う)まれ変わったら
若是再次轮回转世
真(ま)っ先(さき)に君に会いに行(ゆ)こう。
就让我立刻去见你吧

愛していました。
我曾深爱著你
最後まで、この日まで。
直到最后 直到今日
それでも終わりにするのは私なのですか、
即便如此 画下句号的仍是我吗
君の幸せな未来を、
就仅仅是
ただ、願ってる。
期盼著你 迎来幸福的未来
君のいる世界で笑ったこと、
曾在有你的世界中欢笑
君の見る未来を恨んだこと、
曾将你所见的未来怨恨
君の声、温もり、態度、愛のすべてに
你的声音 温暖 态度 还有爱 一切都…
さよなら。
说声再见


 
 
 
   

最近歌穷片荒,不是不分享,是总写到一半就删~不知什么时候起口味越来越叼,越来越难有满足感和幸福感~听不懂歌词的歌却被其悠扬的旋律戳中心事,就沉浸在其中片刻,享受独处的乐趣~

明天就是情人节,祝大家,唉算了,早点洗洗睡吧,反正这事跟你没啥关系,各位晚安好梦蛤~

それでも生きなくちゃ        さめざめ 

当たり前にあった景色が歪んで
理所当然的景色在扭曲
この街で一人ぼっち
在这个城市孤单一人
あなたの声も体温も见当たらない
你的声音和体温都不在
谁が隠したの
有谁在隐藏
割れた镜のなか ばらばらなあたしが
破碎的破碎的 破碎的我
一人二人、浮游して
两个人 一个人的

あなたのもとへと今すぐ飞んでゆきたい
现在我想马上就要在你的身边
强く抱きしめたい
想要紧紧的拥抱
いっそ、二人の记忆を失くせたら
索性,如果失去了两个人的记忆
何もなかったことにできるのに
明明就什么都没有了
痛いよ 痛いよ 助けて 痛いよ
好痛 好痛 救命 好痛啊
あなたが爱しすぎて
你太爱我了
それでも忘れなきゃ 忘れなきゃ
但是必须要忘记的话
忘れたくないよ
我不想忘记
それでも生きなくちゃ 生きなくちゃ
尽管如此也要活下去 没有生存
あなたの为に
为了你
もう一度 巡り会えるような気がして
在一次相见就那样了
同じ场所を辿ってみるの
沿着同一个地的时候前进
いないの いないの あなたがいないの
不存在 不存在 没有你的存在
こらえていた涙が止まらない
忍不住的眼泪停不下来
それでも忘れなきゃ 忘れなきゃ
尽管如此也要忘记 必须忘记
忘れたくないよ
我不想忘记
それでも生きなくちゃ 生きなくちゃ
尽管如此也要活下去 没有生存
あたしにはあなたしかいないの
我没有你
それでも信じなきゃ 信じなきゃ
但是我还是要相信 一定要相信
爱し合った日々を
在爱的日子里
それでも生きるから 生きるから
但我还是生存着 因为生存
二人の为に
为了两个人


 
 
 
   

黄昏         押尾コータロー

想找一个会弹这首歌的男朋友~

最近要忙的事比较多,周末开启疯狂补觉模式~在这个不热却阳光依旧刺眼的午后分享一首叫做《黄昏》的吉他纯音,很惬意的享受~

说说自己的事,以前沉迷欧美电影的我,现在闲暇时间看起了日剧~昨天结束的剧是《白夜行》,推荐,东野圭吾简直是神,看了真是五味陈杂,电影版比日剧版差了很多~奥对,我只是学习了日语的五十音图,前方还有很多路要走~

 
 
 
   

今日晚安曲~不懂词却被涓涓而来的温柔所打动,简单跳跃的音符和温柔的唱腔让你卸下所有防备,柔软的身躯倒在洁白的棉花团上然后变得轻盈,在童话般的世界里你和一只卡通狗一起走过草地和林荫小路,享受着雨后清新的空气和清凉的风,此时的惬意让你不禁哼起这首歌~

安,好梦~

poco   まふまふ

たとえば晴れた日には
假如在某个晴天
丘の上にのぼって
登上山岗
空を泳ぐとりに
仿佛要变成

なった気がして
空中遨游的小鸟
あったかい風が
暖暖的风儿
体をなでるよ
轻抚着身体
だから晴れた日がボクは
所以在晴天的我啊
雨の日には
下雨天
木の下に寝転んで
舒舒服服躺在树下
したしたと落ちる
被淅淅沥沥的雨声
音に包まれて
包围着
すると時間が
时间缓缓流淌
解けて眠くなって
我打起哈欠
そんな雨の日もボクは
这样的下雨天
好きだった
我也如此喜欢
そして雨がさって
然后啊 雨停了
世界が輝いて
世界都变得闪耀
洗われた風が
澄澈的清风
ひかって笑って
灿烂地笑着
そんな日がユックリと
只要有这样
流れていて
悠闲度过的日子
ボクはただそれだけで
就已经足够了啊
よかったんだ
围在层层叠叠的
つもる落ち葉の中
落叶之中
くるまって
爽快的
すれる音が
沙沙声
はじけてくしゅって
灌进我的耳朵
街がちらちらと
街道上亮晶晶地
きらめいていて
闪着光
そんな夜の日が
这样的夜晚
僕は好きだった
我也如此喜欢
たまにはらはらと
偶尔飘飘洒洒
降る雪は嬉しくって
落下的雪花也很美妙
白い世界の中
在白茫茫的世界里
ひとり走って
我独自奔跑
みんな手を
大家都
つないで笑ってて
手握着手笑着
急に寒くて
我突然感到一阵寒冷
ボクは泣いてたんだ
哭了起来
そんな時に君が
那样的时刻是你
ボクを見つけたかで
发现了我
現れた君は
眼前的你
柔らかくて暖かくて
是那么柔软暖和
こんな日が不思議で
我甚至难以置信
信じられなくって
如此不可思议的日子
だけど胸の奥が
可胸膛的深处
ずっと暖かいんだ
有暖流不停流淌
たとえば晴れた日には
假如在某个晴天
丘の上にのぼって
登上山岗
空を泳ぐとりに
仿佛要变成
なった気がして
空中遨游的小鸟
君がいるの
有你在
嬉しくてしっぽふって
我开心地摇起尾巴
だから晴れた日がボクは
所以在晴天的我啊


 
 
 
   

今日分享一首传奇歌手的翻唱(原唱中岛美嘉),向德叔致敬~

德叔以前唱摇滚的,很多香港知名歌手,张学友、谭咏麟、王杰、郑伊健、李克勤、吕方、张信哲、姜育恒等都曾翻唱过他的歌。1992年因喉咙肿瘤无法发声,术后一个月不到就赶去演唱会,结果加重,声音变得嘶哑,1994和1998年两度因咽喉炎停止唱歌,2001年演唱会突发脑血管疾病昏厥,住院期间萌发翻唱女性歌曲的想法。后期德叔改变了唱法,歌曲改编更加精致,演绎更为细腻,此时已经听不见他声嘶力竭的狂吼呐喊,而多以温和的情歌方式诠释,特别是在2003年病愈之后,在乐曲改编更有明显的突破。2005年至今的演唱会,在歌曲的诠释方面更添柔和的气氛。即便是唱年轻时期的快歌名曲,也完全听不见他从前的呐喊,完全以轻盈柔和的方式诠释。以慢歌为主的德叔,在歌曲高潮处常配合灯光的照射,使慢歌更有激情的效果。他的这种VOCALIST演唱会的演绎方式,被日本被封为“现场演唱会的教科书”,其音乐及舞台灯光结合的方式成为了许多日本歌手仿效的典范。
许多歌手的音乐录像带,常会加入丰富的剧情,但这种作法可能会限制了阅听人对该歌曲意境的想像空间。德叔的音乐录像带十分独俱一格,从出道至今,音乐录像带鲜有剧情,几乎都是他一个人带有手势或动作面对镜头唱歌,顶多随着乐音的起伏作背景上的转换,虽然有人批评,但从另一个角度来看,却带给阅听人自我想像的无限空间,更深入词曲的意境。

桜色舞うころ           徳永英明

桜色舞うころ
樱花纷飞时
私はひとり
我独自一人
押さえきれぬ胸に
带著难以按耐的心情
立ち尽くしてた
始终伫立著
若葉色萌ゆれば
当嫩叶的颜色 绽放
想いあふれて
思绪便开始翻腾

すべてを見失い
迷失了一切
あなたへ流れた
流向你身边
めぐる木々たちだけが
只有环绕在身边的树群
ふたりを見ていたの
凝视著我俩
ひとところにはとどまれないと
同时告诉我们
そっとおしえながら
人生是不会停留在某段时光的
枯葉色染めてく
当枯叶的颜色 渲染
あなたのとなり
在你身边
移ろいゆく日々が
度过的时光
爱へと変わるの
都变成了爱
どうか木々たちだけは
只愿环绕著我们的树群哪
この想いを守って
守护我这个心愿
もう一度だけふたりの上で
能够再一次对著我们
そっと葉を揺らして
轻轻的洒下落叶
やがて季節(とき)はふたりを
很快的季节就会带著我们
どこへ運んでゆくの
漂流到其他地方
ただひとつだけ確かな今を
只愿我能确实的
そっと抱きしめていた
静静拥抱住当下
雪化粧まとえば
当雪的颜色覆盖大地
想いはぐれて
就连思绪也会迷惘
足跡も消してく
足迹都消失
音無きいたずら
像是无声的恶作剧
どうか木々たちだけは
只愿环绕著我们的树群哪
この想いを守って
守护我这个心愿
「永遠」の中にふたりとどめて
让停留在「永远」当中的我俩
ここに生き続けて
永永远远在一起
めぐる木々たちだけが
只有环绕在身边的树群
ふたりを見ていたの
凝视著我俩
ひとところにはとどまれないと
同时告诉我们
そっとおしえながら
人生是不会停留在某段时光的
桜色舞うころ
樱花纷飞时
私はひとり
我独自一人
あなたへの想いを
怀抱著对你的思念
かみしめたまま
反覆低吟

 
 
 
   

第一次听就心动的歌~开口醉系列,很舒服的感觉~

原谅我最近更新很少,因为最近晚上在看07年的日剧《花样少男少女》,花痴脸~~这是大家初中时候追的剧了~想起当初闺蜜的花痴表情,冷酷的我现在才慢慢理解~一晃这么多年过去了,我依然是这么滞后~很多事情都需要时间吧~

深吸一口气,然后慢慢吐出来~走的累了呢,什么时候该停下来?各种麻烦事,一路上我们哭着笑着,伴随着各种情绪,快乐的忧伤的,稀里糊涂地过了二十余年~后来才发现,我们需要的竟是如此简单!健康平安地生活就是一种福分吧~临近结尾处的那一段钢琴独奏伴随着鼓点简直好听炸了,振奋人心让人重拾希望~愿七月的尾巴美好~我想要休息一下,晚安好梦~

P.S. 日文看不懂,没有校对歌词~

アイロニ          4円

少し歩き疲れたんだ
有些走累了呢
少し歩き疲れたんだ
有些走累了呢
月并みな表现だけど
虽然以那麼平凡的表现
人生とかいう长い道を
来形容人生的漫长道路
少し休みたいんだ
想稍稍休息下呢

少し休みたいんだけど
想稍稍休息下呢
时间は刻一刻残酷と
时间每分每刻都这样残酷
私を 引っぱっていくんだ
将我紧拖著前行
アイロニ
うまくいきそうなんだけど
虽然看似顺利进行著
うまくいかないことばかりで
但其实全是不顺利的事
迂阔にも泣いてしまいそうになる
却糊涂地哭了起来
情けない本当にな
真是丢人呢
惨めな気持なんか
这样悲惨的感受
嫌というほど味わってきたし
已经体验到不想再有了
とっくに悔しさなんてものは
但明明应该将悔恨之类
舍ててきたはずなのに
早已丢弃了
绝望抱くほど
虽也不是感到绝望般
悪いわけじゃないけど
那样差劲
欲しいものは
但希望的东西
いつも少し手には届かない
却永远得不到手
そんな半端だとね
对这样没有用的家伙
なんか期待してしまうから
为什麼会有所期待呢
それならもういっそのこと
既然如此不如乾脆
ドン底まで突き落としてよ
将它推入谷底吧
答えなんて言われたって
即使要说答案
人によってすり替わってって
因人不同也会有所改变
だから绝対なんて绝対
绝対所以绝对之类绝对
信じらんないよ ねぇ
是不能相信的 是吧
苦しみって谁にもあるって
谁都会有苦楚
そんなのわかってるから何だって
何だって说著这谁都明白
なら笑って済ませばいいの?
那就笑著过去就好了吧?
もうわかんないよ バカ!
我不知道该怎麼办啦 笨蛋!
散々言われてきたくせに
明明是被狠狠说了一番
なんだ まんざらでもないんだ
但却未必就是这样
简単に考えたら楽なことも
将简单思考起来很容易的事
难関に考えてたんだ
也当做难题考虑了
段々と色々めんどくなって
种种事都越发麻烦
もう淡々と终わらせちゃおうか
让一切都淡淡结束吧
「病んだ?」とかもう 嫌になったから
病了吗?之类已经受够了
やんわりと终わればもういいじゃんか
能温和地结束不就好了吗
梦だとか希望だとか
梦也好希望也好
生きてる意味とか
又或是生存意义
别にそんなものはさして
那些东西也并不是
必要ないから
没有必要存在
具体的でわかりやすい
请给我具体易懂的
机会をください
这样的机会
泣き场所探すうちに
在寻找哭泣的地方时
もう泣き疲れちゃったよ
就已经哭累了啊
きれいごとって嫌い だって
讨厌华而不实的话
期待しちゃっても形になんなくて
期待著却捉不到蛛丝马迹
「星が仆ら见守って」って
要说星星守护著我们
夜しかいないじゃん ねぇ
那也就只有晚上 对吗
君のその优しいとこ
你的温柔
不覚にも求めちゃうから
我在不知不觉中寻求著
この心やらかいとこ
这颗心的柔软
もう触んないで ヤダ!
请不要触碰了 不要!
もうほっといて
不要管了
もう置いてって
丢下我吧
汚れきったこの道は
弄脏的这条路
もう変わんないよ呜呼
呜呼已经无法改变了啊啊
疲れちゃって弱気になって
疲倦了变得懦弱了
逃げ出したって无駄なんだって
想要逃也是白费力气
だから内面耳塞いで
所以内心捂著耳朵
もう最低だって泣いて
哭著这已经是最后
人生って何なのって
人生又是什麼呢
わかんなくても生きてるだけで
只是不明不白地活著
幸せって思えばいいの?
认为这就是幸福就可以吗?
もうわかんないよ バカ!
我不明白了啦 笨蛋!